<慰安婦問題に関するスピーチ> 平成29年9月18日


         <慰安婦問題に関するスピーチ>   平成29年9月18日

発言者:藤木俊一

 

NGO ECOSOC Status: International Career Support Association

Speaker: Shunichi Fujiki

 

 

Thank you Mr. President,

議長、有り難う御座います。

 

We would like to make two requests to the Human Rights Council.

我々は、人権理事会に対して2つの要請があります。

 

First, we request the Council repeal the United Nations Special Rapporteur Ms. Coomraswamy’s Report of 1996.  Reasons for the request are that some of its contents were not based on historical facts but based on fictitious books such as pornographic novels and manga like this one. 

はじめに、1996年に出された国連特別報告者のクマラスワミレポートの撤回を要請します。この要請の理由は、その中身が史実に基づかず、空想本や官能小説や(このような)漫画を基にしているからです。

 

Also, some testimonies given in the report are simply false, which were coached to “comfort women” by a group called the “Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan.”  The group has strong ties with DPRK and its purpose behind the comfort women issue is to defame Japan, demand money and drive a wedge into the US-Japan-ROK Security Partnership.

さらに彼女の報告書にある証言は単純に捏造で、「日本軍によって慰安婦に強制徴用された女性の協議会」(韓国挺身隊対策協議会)と呼ばれる組織によって慰安婦に指導されたものです。この組織は北朝鮮と緊密な関係にあり、その裏にある目的は、お金、日本を貶める、そして日米韓の安全保障に亀裂を生じさせるためなのです。

 

Second, we request the Council to pressure South Korean government to fulfil its end of the “2015 Japan-ROK Agreement” so that the two nations can resolve the comfort women issue finally and irreversibly as they agreed upon. 

次に、2015年末に結ばれた慰安婦問題を2国間で最終的かつ不可逆的に解決するとした「日韓合意」を守るように理事会が韓国政府に対して圧力を掛けることを要請します。

 

It is high time that the two nations renew their friendly relationship, so that we can deal with more imminent problems which the current world faces, such as the serious nuclear threat from DPRK.

2国間で対立をするのではなく関係を新たにしなければならない重要な時期であり、そうすることにより、世界が直面する喫緊の問題である北朝鮮による核兵器による恫喝に対して対応できるからです。

 

Thank you, Mr. President.

議長、有り難う御座いました。